講師紹介

当スクールの講師陣は、
タヒチ人プロフェッショナルにダイレクトに師事しております

一柳 千秋 (Ichiyanagi Chiaki) ダンス(明石・神戸)/パーカッション担当

物心ついた時から盆踊りとピンクレディを狂ったように踊り続ける情熱は、誰にも止められず。 小学生の頃、マーチングバンドに入りたかったが、親の承諾が得られず断念→太鼓を叩く夢が、大人になってから、しかもタヒチで叶うとは・・・。

子供の頃から、「南の島」が大好きで、写真や本を集めまくっていた中、23歳の時に「タヒチ」について書かれた本の中で、初めて「タヒチアンダンス」の存在を知り、衝動に駆られる。

32歳の時にダイバーとして訪れたタヒチのランギロア島で、ようやく生のタヒチアンダンスを目にすることができ、ダンサーから呼び入れられる前に、自らダンスの輪に飛び込む。
数年後、ロサンゼルスでタヒチアンダンスショーを観た際にも、客席から猛烈にアピール。1回目落選。2回目リベンジ成功し、舞台へ。

「その道のものは その道のプロへ習え」
という信条のもと、いつか本場タヒチ人と繋がるその時まで・・・と、とりあえず日本のスクールを若干ジプシーしつつ、YOU TUBEでタヒチ人の踊りを日々研究しイメージトレーニング。虎視眈々と機会をうかがい続ける。→タヒチの新聞「la DÉPÊCHE de TAHITI」のインタビュー記事中でも、そのことについて触れられています!

そうこうするうちに、日本でも本場タヒチ人から習えるチャンスが増えてゆき、自らタヒチへ定期的に足を運ぶように。

機は熟し、世界中のタヒチアンダンサーの憧れである「Heiva I Tahiti」に日本からの輸入ダンサーとして現地チーム「Tahiti Ora(タヒチオラ)」から参戦するチャンスに恵まれ、2014年タヒチに渡航。「優勝」という最高のタイトルを手にするのみならず、現代タヒチアンダンス業界の数々の歴史を創り上げてきたTumata Robinson(ツマタ ロビンソン)女史邸で6ヶ月の間、住み込み付き人の如く公私共に過ごし、彼女の手腕とエッセンスを目の前でじっくり学ぶという最高の経験を積んで帰国。

パーカッションも、同じくTahiti OraのミュージシャンリーダーであるTetia Pater氏に師事。

年齢的には「遅咲き」そのもの。
長年のフィットネス経験(競技エアロビクス含め、入賞歴、全国大会出場経験あり)と臨床看護師経験から、カラダの仕組みや上手な使い方、心身の健康管理等が得意。

所有タイトル:
・2014年 Heiva I Tahiti
 カテゴリー「Hura Tau」優勝(Tahiti Ora)
・2012年 Air Tahiti Nui ソロコンペティション 
 カテゴリー「Poe vai(40歳以上)」優勝
・2012年 Heiva I Osaka
 グループオテア部門優勝および総合優勝(当時所属スクールにて) 

チャームポイント:
タヒチ人達にも一目置かれている「情熱」と「腹筋」


タヒチローカルテレビ"TNTV"のインタビュー



タヒチ新聞(la DÉPÊCHE de TAHITI)
2014年9月10日掲載記事

玉置 未来 (Tamaki Miku) ダンス担当(大阪)

[経歴]
3歳から12歳まで、バレエを習い、舞踊の基礎を身に付ける。
9歳から18歳まで、吹奏楽部にてリズム感や楽器の表現力を学ぶ。
28歳でタヒチに渡航した際に観たダンスに衝撃を受け、帰国後すぐに日本のスクールに通い始める。
翌年、タヒチ政府管轄であるコンセルバトワール伝統舞踊科(Conservatoire Artistique de la Polynesie française)のオリタヒチトレーニングコースlevel1-2を受講し、「BIEN」評価にて修了。

以降、コンセルバトワール教授であるErena Uuraのレッスンを日本で受け、
続いて、Poehere Roomataaroa、Vaheana Le Bihen、Lyntina Perryに学ぶ。

また、毎年タヒチへ渡り、Tumata Robinson(Tahiti Ora)、Moena Maiotoui(Tahiti Oraリードダンサー)、Raina Tehuiotoa(Ecole de danse Tahiti Ora 講師)、Herenui Tevahitua Epse Papu(Ecole de Heihere)に学んでいる。

2012年、Heiva I Osaka オテア部門優勝および総合優勝メンバー一員として活躍。
また同年、タヒチ本島で行われた「FAREREIRA’A」に招待された日本チームメンバーの一員として、ダンスの聖地である「To’ata(トアタ)」でダンス披露経験あり。

2013年、タヒチ島のホテルメリディアンで開催された「ORI TAHITI NUI MEHURA コンペティション」にAre’are’a Ori Tahitiのメンバーとして参加。

[自己紹介](文中カッコ内は、当スクール代表談)
・19 歳から現在まで、美容師として「美を形に表す」仕事もしています。(←ゆえに、衣装作りが得意です)
・自然に囲まれた田舎育ち(岡山)なので、自然が大好きです。
・好物は、甘いもの。
・ダンスの振りを覚えるのは得意です。(←本当に早いです!)
・入門者から初級者まで、個人のレベルに合せた丁寧な指導が得意です。(←私がタヒチ在住中の代行レッスンは、安心してお任せできました!)
・性格・キャラ:おっちょこちょい。人見知りだけど人は好き(←タヒチではびっくりするほどの人懐っこさなので、ちょっと違うと思う・・・)。
・好きな場所:夜の土佐堀川にかかる橋の上。宮古島の前浜。タヒチでは、たくさんありすぎて同定できない。

チャームポイント:
よく笑いよく食べる「大きな口」

星 美奈子(Hoshi Minako) ショーチーム育成クラス担当(神戸)

[経歴]
タヒチアンダンス歴8年
2010年 コンセルバトワール芸術学院トレーニングコース参加 
            (TOREA NUI TAHITI主宰のChiakiと共に)
2013年 Heiva I Osaka ソロ部門 カテゴリー入賞
2013年 Tahiti nui soli competition(タヒチ島)
            solo部門、および、mehura部門出場
2015年 Heiva I Osaka ソロ部門 カテゴリー入賞

[自己紹介]
みなさん、こんにちは! ショーチーム育成クラス指導担当のMinakoです。 私はとにかく、、、練習好きです、、、大好きです!!! 私自身が未だスクールやグループに所属していない頃から、単独タヒチに渡り、 現地で活躍する振付師やダンサーから直接指導を受けてきました。
私がタヒチで学び感じたことを、私なりのスタイルや表現で、みなさんに伝えていきたいと思っています。
受講生のみなさんが理想とするダンサーになれるように、全力でサポートします!!!

【主宰者よりひと言】
彼女自身が言っているように、、、とにかく練習大好きです!(うちの講師陣は全員、とにかく練習大好きです!!! ) 一見、強面にも見えますが、、、実は情に深く、涙もろく、女の子らしい彼女です。
そして、近寄り難い雰囲気もあるかもしれませんが、なんのなんの、、、
ためしに、貪欲に熱心に自ら近づいてみてください!!! とにかく熱心に教えてくれること間違いなし!!!